早漏はどんな病気?

早漏とは性行為に至る際、男性の射精が著しく早い現象を指します。早漏とはセックスをする時に、男性側がすぐに射精してしまう状態を言います。

早漏とは射精のタイミングを上手くコントロールすることができず、「射精したい」と思うよりも早く射精してしまうことを言います。また女性が性的な満足感を得られていない場合も「相対的な早漏」としています。

早漏の医学的な定義(医師が治療の対象とする早漏の症状)には諸説ありましたが、2007年10月より国際性医学会議(ISSM)の主導で定義の検討が開始されました。その結果、第103回米国泌尿器科学会(AUA)の年次総会(2008年5月)で発表された次の定義が、今のところ最新の定義となっています。

こうした性の自覚に関わる病気は、患者がコンプレックスを抱えてしまいます。その結果、医師へ相談することができない、「自分は早漏ではない」と思い込むに至り、データがとりにくくなっている現実があります。

・女性器へのペニスの挿入前、挿入の途中、ないしは挿入した直後に本人の意思とは無関係に射精を迎えてしまう。
・射精をコントロールすることができない
・女性器へのペニス挿入後、2分以内に射精を迎えてしまう

これらの症状に加え、早漏であることがパートナーとの不和を生むなど、人間関係に支障をきたしてしまい、精神的なダメージを受けてしまうことが予想されます。

上記のような症状にある方は早漏の可能性は捨てきれませんので、対策を考える必要が生じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です